札幌記念2018 過去傾向と先週の結果

こんばんは、かつおです☆

最近は大気が不安定で各地でゲリラ豪雨が襲っていますね。なんか異常気象が原因なんでしょうか。地球は大丈夫なのかなー。

応援クリックお願いします(´;ω;`)↓

ブログランキングに参加中☆下のバーナークリックして応援してください☆クリックでこのブログにポイントが加算されて順位があがります。よろしくお願いいたします♪現在70位台をうろうろしています。

中央競馬ランキングへ

さて、先週の結果ですがエイシンティンクルの逃げで予想よりもペースが上がってしまいましたね。本命のフロンティアはどこに行った?って感じでしたし力関係の想定もズレていたようで申し訳ないです。

馬券的にはヤングマンパワーが3着なら三連複は拾えていましたが惜しくも4着。最近1番人気の1着ばかりだもんなー。困った困ったw

1着 プリモシーン △

もちろん51㎏というハンデの恩恵も大きかったとは思いますが、このメンバーで1着をとれたのは素晴らしいと思います。エイシンティンクルの逃げでペースがこの馬に向いたのも良かったですね。今後は斤量の恩恵も減るでしょうがそれでも通用すると個人的には思います。

2着 ワントゥーワン ×

追い切り評価や展開予想では全く重視していなかったのですが、デムーロ騎手がやっぱり不気味で印をつけました。やっぱりデムーロ騎手は素晴らしいですね。ペースが上がる中、内で溜めてしっかり伸びてきました。展開が後方の馬に向いたのもありますが強い競馬だったと思います。

3着 エイシンティンクル 無

あれだけ前目の馬が潰れていく展開になったけど粘り切っての3着でした。和田騎手との息合っていそうなので今後に期待ですね。

4着 ヤングマンパワー ×

一週前の推奨馬でした。やっぱり舐められ過ぎだとは思っていたんですよねー。まだまだGⅢで左回りならやれる馬だと思っています。ただ今回でまた人気が戻ってきそうなので残念ですが、いつも応援したくなる馬なんですよね。

5着 ロードクエスト 〇

んー、重賞ではここまでが限界かもしれませんね。あと一歩が遠そうだ。

6着 リライアブルエース ▲

舞台設定自体があまり合っていなかったかもしれませんね。距離延長してみたら合うような気がするのですが。いろんな条件で試してみて欲しいですね。

11着 フロンティア ◎

途中からどこにいったのかさえ分からないくらいでした。逃げ先行にきついペースになったとはいえちょっと物足りなさすぎますよね。OP戦くらいまでが買える条件になってきた感じですね。力関係を見誤ってしまいました、、申し訳ないです。

 


さて今年の札幌記念は荒れそうな気がするんですけどねー。そう思ってると終われば1人気の1着パターンもあると思いますがwですがくじけぬ心で常に穴を狙い続けるのが穴党ですからね!!皐月賞もそんな感じでした。そろそろお願い、、当てさせてw

札幌記念

過去10年傾向

(2013年を除く過去10年分)

札幌2000m芝

スタートからコーナーまでの距離も400m近くあるのでペースは落ちつくことが多い。高低差もほとんどない平坦コース。洋芝なので洋芝の適性も重視しなくてはいけない。

<人気>

1人気(2-5-1-2

2人気(1-0-2-7)

3人気(0-0-2-8)

4人気(1-0-3-6)

5人気(4-2-0-4

6人気(1-0-0-9)

7-9人気(1-1-2-26)

10人気以下(0-2-0-51)

1人気の複勝率8割と安定した傾向になっていますが勝率は2割。2,3,4人気は不振に終わることも多い傾向なので荒れる可能性は十分あると考えます。ただ7人気以下はあって2着と考えておいたほうがいいかもしれないですね。

 


<年齢>

3歳(1-1-1-7)

4歳(3-2-1-22

5歳(3-4-5-27

6歳(3―0-1-27)

7歳(0-1-2-13)

8歳以上(0-2-0-11)

4-6歳中心で考えていいでしょう。7歳以上は若干の割引もしくはあっても2着までですね。

 


<性別>

牡・セン(7-9-8-101)

牝(3―1-2-13)

牝馬も活躍するレースですね。先週も牝馬の1,2,3決着でした。この時期の牝馬を侮ると痛い目にあいそう。

 


<所属>

美浦(3-5-3-40)

栗東(7-5-7-73)

所属句による差はほとんどなさそうですね。

 


<枠>

1枠(2-0-1-11)

2枠(1-2-1-11)

3枠(1-2-5-8

4枠(1-3-0-15)

5枠(2-1-1-15)

6枠(1-1-2-16)

7枠(1-0-0-19)

8枠(1-1-0-18)

<馬番>

1(2-0-0-8)

2(0-2-1-7)

3(1-0-3-6)

4(0-2-2-6)

5(2-2-1-5

6(1-0-0-9)

7(0-0-0-10)

8(1-1-1-7)

9(0-0-1-9)

10(0-1-1-8)

11(1-1-0-8)

12(0-0-0-9

13(2-0-0-7)

14(0-0-0-7

15(0-1-0-4)

16(0-0-0-4

内枠有利な傾向ですね、特に3枠5番に注目です。16番の大外枠は割引きが必要そうで、外目は偶数番が弱い傾向にあります。

 


<脚質>

逃げ(2-0-0-8)

先行(4-4-4-29

差し(3-4-5-38

追い(0-1-1-38)

マクリ(1-1-0-0)

先行、差し有利な傾向が出ていますね。強い馬ならば後方からの追い込みも可能そうですが基本は好位差か先行、逃げで決まると考えていいでしょう。

 


<上がり3F>

1位(2-5-2-3

2位(2-0-2-6)

3位(3-2-4-3

4,5位(1-2-0-18)

6位以下(2-1-2-83)

展開にもよりますが基本的に速い上がりが必要になってきそうですね。上がり5位までで(8-9-8-30)ですので上がりの使える馬は要チェックです。

 


<馬体重>

460kg以下(1-1-2-18

460-479㎏(4-1-3-29)

480-499㎏(3―1-3-35)

500-519㎏(1-5-1-22)

520㎏以上(1-1-1-9)

小さすぎる馬には割引が必要そうです。大型馬の方が若干成績がいいので大型馬には注意しましょう。

 


<前走>

GⅠ(3-4-6-17

GⅡ(0-1-0-8)

GⅢ(7-2-4-58

OP(0-0-0-16)

1600(0-1-0-5)

海外(0-2-0-6)

<主な前走>

函館記念(3-2-4-47)

宝塚記念(2-2-1-5)

クイーンS(2-0-0-8)

ほぼGⅠクラスとGⅢクラスからの出走馬で決まっていますね。GⅢ以下のクラスからの参戦は割引き、海外組に関しては最近海外組の好走が他のレースでも目立っていますのでこの傾向は気にしなくていいのかもしれません。

 


過去データからの推奨馬は

 推奨馬は↓ここをクリック

推奨馬は中央競馬ランキングへ☆

 

今年に入ってからの調子も良く、年齢による衰えも感じませんし前走は完全に叩きだと思っていたのに2着。これで想定オッズ10倍ならば美味しいと思いますね。連覇のかかった舞台で初騎乗の鞍上と手が合えば叶わない夢じゃないと思うのですが。

マカヒキは鞍上ルメール騎手とのコンビで復活をもくろみますが、洋芝の適性があれば勝ち負けは必至だと思いますね。ルメール騎手は札幌の2000mを得意としているので要注意です。

あとは安定して速い上がりの使えるサングレーザーミッキースワローにも注目。

ん、、、これあんまり荒れない??笑

ではおやすみなさい☆

「札幌記念2018 過去傾向と先週の結果」への1件のフィードバック

コメントを残す